犬の里親・・わんわんパークとはこんなところです。

わんわんパークとは
i003_01

当愛犬ホームは諸事情により愛犬を飼い続けることができなくなってしまった飼い主の方の手助けを目的とした施設です。我が牧場が里親となってワンちゃんを引き取り、自然の中でのびのびと一緒に暮らしていきます
基本的にワンちゃん達は放し飼いで遊ばせていますので、里親施設というよりも「犬の牧場」、「衣食住付きのドッグラン」といった方がイメージとしては近いかもしれません。
小型犬・室内犬たちは「庭付きの大きな犬舎」あるいは「自宅内」にてうちの家族と一緒に暮らしています。

ムックリ(雑種♀)入園第1号のワンちゃんです。今でも愛してるよー
ドンくん(グレートピレニーズ♂)・・大きくてとってもやんちゃなかわいい子でしたヨ。

わんわんパークの概要
わんわんパークは、北海道小樽市郊外の山奥にある小さな犬の牧場です。牧場主である多賀氏が平成8年に犬の里親施設の建設を決意し、会社辞職とともに山林の開拓を開始、翌平成9年7月に開園するに至りました。
現在は夫婦2人(+子供2人)で営んでいます。形の上では会社となってはおりますが、家族ぐるみの、いわゆる酪農農家などに近いのではないでしょうか。犬の世話はわが家族の生活の一部となっています。

愛犬ホーム
当園は有料の愛犬ホームです。月々、養育費をいただいて終身契約にてワンちゃんをお預かりしています。いわゆる超長期間型のペットホテルですネ。

 

>ホームへ戻る
>次へ【愛犬ホームってどんなところ?】

タイトルとURLをコピーしました